着物の緊張感を楽しむ活用の方法

着物の魅力では、普段着ていないので、緊張感があるという感想が多いようです。昔の日常的に着ていた時代の人が聞いたら驚くような感想ですが、それが今の着物という衣装の真実の姿ということになります。また、それが気分の良い、すがすがしさを与えてくれるということになります。また、安ど感も感じるということで、日本の民族衣装や布に包まれるという感じがするからかもしれません。日本人なのだという実感を感じる不思議な民族衣装になっています。その他、布地の感覚も直接感じることができるということで、絹などの肌触り良さも実感できるということもあります。洋服などは、ブームがあり、流行り廃りがありますが、着物の場合には、親子ら子へ、また孫へと伝えることができるということも、人気の秘密のひとつかもしれません。雅さなども味わうことができるのも魅力です。

着物の布地の美しさと伝統美も魅力

着物の魅力ということでは、人により色々な考え方があるのでしょうが、目立つということでは、布地や柄などの魅力ということがあります。今では、外国人でも人気があるところで、伝統美も含めて、誰にでもわかるシンプルさの美しさが表現できているからではないかとも考えられます。また、着物を着る人たちが増えているということでは、レンタルやアンティークなどのブームもありますが、とにかく美しい、着てみるとうっとりするという感覚になるということで、それらのイメージなども定着しているということも、理由のひとつではないかということになります。また、色々な場面で着ることができるということでも、便利であり、魅力があるということになります。その他、シンプルでいて、宝石のようなレベルの高い美しさや、品というものがあることも、理由に挙げられます。

卒業式の着物と袴に合う髪型

卒業式に着物と袴で出席する女子学生は、どんな髪型にするのかが悩みどころでしょう。着て行く衣装全体の雰囲気や柄に合わせることが重要ですが、どんな方向を目指すのか、自分である程度決めておくと良いでしょう。例えばかわいさを強調するなら、髪を内巻カールにしたり、大きめの花飾りを付けるアレンジ方法があります。ちょっとレトロに昔の女学生風を目指すなら、黒髪のハーフアップがおすすめです。レトロ風は、着物や袴の色も、定番を選んだ方が雰囲気が出ます。多少現代風のアレンジを加えるなら、髪飾りや髪のカールなどで変化をつけるのがおすすめです。ただしハーフアップにする場合は、ある程度髪の長さが必要です。卒業式に合わせ、髪を伸ばしておくと良いでしょう。ショートヘアでも、編み込みや髪飾りによるアレンジができます。どんな髪型を選ぶにしても、袴姿に合わせることを基本に考えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*