着物という日本の文化について

昔は、日常生活を送るときには、着物を着て生活していました。しかし、開国と共に西洋の文化が入ってきて、洋服が普及していきます。時代は流れて、現代においては、特定の時期にしか着なくなりました。七五三や成人式、結婚式など一部に、どうしても限られています。多くの人が、自分で着物を着れず、美容院などで着付けを行ってもらうか、年配の身内によって着付けを行ってもらいます。着付けを、教えてくる教室などもあります。洋服のシェアを奪うことはできませんが、着物の良さや魅力も、見直されています。職業柄、着用している人達もおり、何かのおりに目にすることもあります。時代劇などでは、その時代の歴史講釈が反映されているので、興味をもって見てみるのも、新たな発見に、繋がるかもしれません。時代劇を別の観点から、楽しむことができます。

華やかな着物をきる絶好の機会

天候が不安定な六月ですが結婚式やイベントなども多く、華やかな着物をきるには絶好の機会です。涼やかに風をはおる感覚で着物通のおしゃれに挑戦してみるのもよく、結婚式や観劇、おでかけの際にさわやかに装う単衣のコーディネートを知っておくと一味違った装いを楽しむことができます。5月から6月にかけては、真夏のように暑い日もあれば、梅雨寒のときもあり、着るものについても考えてしまう時期です。目的に合わせて選ぶときにはまず、六月に用いる花柄は少しだけ季節を先取りして装うのがポイントです。初夏から夏にかけては露芝は大変よく使われる柄で露の玉が芝に降りたところを文様にしたものになります。野菊は楚々とした印象で、鉄線は5月や6月の花で単衣の柄として人気です。桃の実は初夏の柄で、開花の時期が6月から10月のおもだかや柳に蛍はまさに単衣向きの柄になります。

六月のよそゆきにふさわしい着物の装いとは

目的に合わせて着物を選ぶときに心がけておきたいことは季節にあった色柄と素材です。清涼感のあるものや色に透明感のあるものは六月のよそゆきにふさわしい印象となります。素材は薄手の縮緬や紋縮緬、御召し、そして紬と紬縮です。また、沖縄の染め織りの花倉織りもよく合います。六月の花である紫陽花や百合などは人気の花柄で初夏らしいです。ジューンブライドのおよばれに最適な色合いの訪問着は波に撫子や青楓など初夏から秋にかけての花々を手書きの京友禅にすることで、はんなりとした仕上がりになります。単衣にあわせる帯や小物は着物よりも少し先取りのものにするのがよく、草履などはすっきりとしたものを選び、帯まわりは熱がこもりやすいのでまだ肌寒い日には薄手の錦でかまいませんが、暑さが感じられるときには絽地など夏向きの帯を早めに使い始めるのがポイントです。

着物レンタル365の他者との違いについては、800点もの豊富な種類のご用意があること、また下見をしていただけるサービスがあることです。 他社との違いは、サイズが豊富な点と、実際に手にとって品質やお顔映りをご確認いただける下見サービスを提供していることです。 着物の種類や季節、お召しになる日等、様々な視点からお客様に似合うお着物を往復送料無料でレンタルをしております。 友人の結婚式には着物で参列!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*